銀行ATM

銀行選びの際にチェックしたい銀行ATMの手数料

殆どの銀行は、窓口が閉まる時間が早いことから、ATMを使って現金の入出金や振込をする人が多くなっています。銀行、特にメインバンクを決める際には、銀行ATMの手数料についてチェックしておくのが得策です。金利が高かった高度経済成長時代のころであれば、利子でカバー出来た手数料も、これだけ低金利が長く続く昨今では利子でカバーするのは大変です。一か月に何回位銀行ATMを利用するのか、時間帯は昼間が多いのか、割り増しになる夜間が多いのか、などを考えてメインバンクを決めるのが賢明です。また、その銀行に預けている残高や利用しているローンなどの商品によって、銀行ATMの手数料が異なる銀行もありますので、こういった点も考慮して決めるとお得です。1回1回は少額でも、利子に対しての割合で考えると、銀行に預けたことで却って資産が減ってしまうということもあり得ますので、メインバンクの選定や見直しを考える際には是非チェックしたい項目の一つです。いざという時のためにすぐにカードローンが使えるかという点もチェックしておきたいですね。総量規制対象外カードローン比較【銀行ローン攻略法】に銀行カードローンの事をたくさん書いているのでオススメです。

銀行ATMで実質的な両替をすると便利です

チケットや飲料などさまざまなものが自動販売機で購入できる時代です。しかし、自動販売機の中には、1万円札に対応していないものもあります。電子マネーやクレジットカードが普及しているので、現金を扱う頻度が少なくなっており、少額の紙幣を持っていないことに気付かず、いざというときに困ってしまうケースが考えられます。そんなときに便利なのが、銀行ATMを活用した実質的な両替です。たとえば、1万円札を1枚持っている場面で、1000円札がどうしても必要だとします。このケースでは、銀行ATMを利用して1000円だけ預けます。預金をする際には金額指定することができるATMが大半なので、この金額指定を活用して9000円分のお釣りを出してもらいます。預金に伴う銀行ATM利用手数料がなければ、実質的な両替を手数料なしで手軽に行うことができます。銀行店舗まで赴いて両替をお願いする必要がなく、近くのコンビニにあるATMを利用すれば大変便利です。

銀行ATMでの現金振込の限度額を知っておこう

日々、何かしらの現金振込を経験している人であれば経験があるでしょうが、銀行ATMにて現金の振込は簡単に出来る様になりました。過去に振込をした振込先を登録する事が出来たりと、日々便利になって来ています。しかし銀行ATMでの振込には限度額がある事を知っておきましょう。実際に銀行ATMで振込をしようと思った時に、多額の振込のためATMでは対応が出来ないといった事が発生する事があります。各銀行によって現金振込の限度額は異なりますので、普段使用する銀行にて調べておきましょう。振り込め詐欺等が横行している現代において、銀行側が危険な詐欺に合わない様に現金振込額を制限している事が考えられます。しかし本当に振込を行わないと行けない時に、ATMで対応出来ないとならない様に、インターネット等の情報を閲覧しておき、確認出来ますので確認しておく事をお勧めします。多額になればなる程難しくなりますので、銀行窓口へ行く事も並行して考えておくと良いでしょう。

年末年始の銀行ATMの稼働日と時間は確認しておきましょう

年末年始にお店の営業を休む企業は多くあります。そのため銀行関連の営業時間と日にちは事前に確認しておきましょう。近年は年末に近づくと、テレビCM等で流れる事が多くなりましたが、年中無休で営業しているだろうという思い込みで失敗をしない様にしておきましょう。まず銀行ATMが年末年始にストップする銀行はいくつかあります。イベントが多い年末や年始に銀行ATMで急にお金をおろす必要が出てもおろす術が無くなってしまいます。多くの場合は2日から3日程度の休業となりますが、具体的な日にちを必ず確認しておきましょう。そして各銀行によって銀行ATMの定休日が異なりますので、実際に普段活用している銀行のインターネットサイト等で事前に確認しておき、年末年始に必要となるだろうと考えられる金額は事前に確保しておき、手元に持っておく事をお勧めします。そうする事で、急に必要な際にも対応が出来るでしょうし、困る事を防ぐ事が出来るでしょう。

銀行ATMの入金限度額はないけれども入る金額には限りがある

 銀行ATMの入金限度額がいくらかと考える人はあまりいないかと思いますが、銀行ATMには基本的には入金限度額の制限は無いのです。しかし入金限度額がなくても、現実的にはいくら入金できるかはATMにより多少の違いはあります。ですので、ATMコーナーには入金できる枚数は1度には100枚までとかという表示がどこかにあります。 また、物理的な問題として入り口だけでなく、収納部分の問題もあります。いつもなら100枚入金できても収納部分がいっぱいだと入らないこともあります。その場合は収納された現金を取り出す必要があります。そうでなければ窓口を利用するしか方法はないただし何度繰り返して入れてもOKです。 銀行ATMを利用すると入金記録が複数にはなりますが、物理的な問題ですので預け入れの記録を複数つくりたくない場合は窓口で入金するしか方法はないのです。 ただし、払い戻しに関しては銀行より金額の違いはありますが、限度額が設けられています。これは防犯上の理由によるものです。

銀行ATMマニアが語る銀行ATM分析論メニュー